<< 外交敗戦♪ | main | ワインパーティーをしよう♪ >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.10.20 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    私という運命について

    0

      ] 白石一文さんの長編小説。

      一人の女性の仕事や恋愛、結婚を通じて運命を選択すること
      運命に流されることなどを描いています。

      「選べなかった未来、選ばなかった未来はどこにもない。未来など何一つ決まってはいない。
      だからこそ、一つ一つの選択が運命なのだ。私たちは、運命を紡ぎながら生きていく。」

      たしかに。。。

      そう考えるとなんでもない日常がすごく意味のあることのような気がします。

      しかし、数年前に読んだとき主人公がはずいぶん年上に感じてましたが、
      改めて読んでみると自分と同年代!!!

      なんだかすこしショックwww

      変形性膝関節症

      眼精疲労 サプリメント


      スポンサーサイト

      0
        • 2011.10.20 Thursday
        • -
        • 13:34
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM